中古マンションのあれこれについて考えてみる

中古マンションのあれこれについて考えてみると銘打って、どんどんと書いていこうと思います。それで、中古マンションのあれこれについて考えてみるということは、一体どのようなことを指すのかと言う問題に誰しも直面せざるを得ないとお猛んですが、それは、なぜ今、中古なのかということを突き詰めて考えていったなかにその回答というのが見いだせるのではないかなと思うわけなんです。それで、なぜ新築ではなく、中古なのかという素朴な問いに直面していくわけなのだが、その答えとして、まず、マンション購入にかかるコストを少しでも削減することが可能になってくるということがひとつ言えると思うんです。ただ、これは、買おうとしている中古マンションが大きな傷みや損傷があまりないといった場合においてというのがまあ、前提としてあるのではないかと思うんですよ。中古マンションのあれこれについて考えてみると題して、どんどんお話をしていきたいと考えています。それで、中古マンションのあれこれについて考えてみる時にどうしても問題になってくるのが、なぜ中古を選ばなければならないのかと言う問題がどうしても頭をよぎると思うんです。それで、中古マンションを購入していくにあたって、どうしても、人が使ったあとのマンションなんて気分的に嫌だと思っている人は、最初から中古マンションのことは、考えないで新築を思い切って、買ったほうが良いと思うんです。そうでないと、やっぱり、後々、公開すると思うんですよ。だから、そこは、人が入居したあとでも、多少、修繕の後があっても良いというある意味あんまり、気にならない人が買ったほうが良いと思うんです。それで、中古マンションのあれこれについて考えてみると書いてみたんですが、問題になってくるのが、中古マンションってなんなんだろうということになってくると思うんです。築何十年も経っている物件からそれこそ、築浅の築1年から2年の物件までを総称して、こう呼んでいるんですが、この築浅物件と築深物件との差というのは、相当な違いがあるんじゃないかと思うんです。それでも、一応、人が一度入居したあとの物件は、一様に中古マンションとして、分けられていくわけなんですよ。それで、勿論、それは価格にもすぐに現れてきていて、一度でも入居のあった物件は、買うときは、それこそ新築同様の高い金額を払うわけなんですが、これが、今度は、売る時になると安く売らなくてはならなくなってしまうわけなんですよ。

Copyright ©All rights reserved.賃貸不動産の良さについて考える .